恋愛と同時に、主導権を奪う星座の女性。

恋愛と同時に、主導権を奪う星座の女性。

獅子座:

狮子座は无理をして全を求めることが苦手で、得られないのはむしろ失っても自分に低い声で恳愿することはできません。彼女たちに合わせるのはもう難しいことです。ご機嫌取りどころか、自分の愛が無価値であることを許さないです。

彼女たちは何をするにも存在感を求め、他人に注目されることを楽しみ、あるべき傲慢さは簡単に捨てられない。自尊心は彼女たちが一番気にしているので、一人を愛するために自尊心を無視することはできない。

天秤座:

感情の中で、天秤座は公平な地位を求めています。いくら一人を深く愛しても、低い調子で相手に同調するつもりはありません。これは男女平等の社会で、お互いに意見があることができて、いつも一方に沿って一方を求めることができません。

実は彼女たちから見ると、主権とは相手が必要な時に相手は何も言わずに現れることができるということです。自分が呼び出されたのではなく、振られた位置にいるということです。お互いのことを気にかけるのが公平な愛情です。

さそり座:

さそり座は失うことを非常に恐れる人で、これも彼女たちに独占欲が強い原因をもたらすので、いったん持ったら後で全身の力を尽くして占領に行くことができて、目つきを確認したことがあって、彼女たちはすべて手に負えない人で、誰もアイデアを出したくありません。

彼女たちが一人を愛する程度はもう骨髄に深く入り込んでいます。何としても主権を手にして、強権を手にしたほうが安全感が多いようです。主導権を争うことが彼女たちにとってどれほど重要なのかが分かります。

ふたご座:

ふたご座は感情ごとに主導権を奪い合います。相手の性格も実力があっても、百中の人とは違って、主導権を手に入れるように努力します。支配されるのが嫌で、このように自分のために地位を求めます。

彼女たちが主導権を争うのは、相手をいじめるためではなく、あるいは上を目指すためでもあります。ただ、自分がそんなに受動的に愛されたくないだけです。主導権があれば、愛は自分の思い通りにならないようにします。好意からです。

愛情カテゴリの最新記事