恋人を選ぶ条件はあまりにも融通がきかなくて、いつも愛情の星座を逃します。

恋人を選ぶ条件はあまりにも融通がきかなくて、いつも愛情の星座を逃します。

牡牛座:

牡牛座は非常に原則を重んじています。彼らがどのようにするべきかを認定する時、物事は必ずそのように行わなければなりません。簡単に言えば、融通がきかないということです。

発見しましたか?金牛はいつも12星座の中で独身人数が一番多くて、滞在時間が一番長いです。あれはすべてあまりに融通がきかないためで、偶数の条件を選んで1つずつ対応してようやく愛情の要求を達成することができなければならなくて、これは大海損の針と違いません!

獅子座:

獅子座だけが自分で自分の独身不安症の深刻さを知っています。いつでも正しい人が現れたいと願っています。自分でみんなに大切な人がいると教えてくれます。残念です。この願望は終始虚無状態にある。

彼らはいつも努力して自分がどれだけ優秀かを証明しています。彼らは軽蔑されないために、どんなことでも一番いいのを選んで、みんなの目の前に現れます。完璧な配偶者選択条件も含まれています。

さそり座:

さそり座は負けられないで、1つのまだ始まっていない事、彼らはすでにもし失敗したらの悲惨な状況を思い付いて、早く自分を恐れて、だから事を処理してすべて失うことができない態度を抱いています。たとえば、恋人を選ぶ条件のように、負けたくなければ譲らない。

更に難しい事、彼らは勇敢に突き進む勇気があるかも知れなくて、ただ愛情、彼らを患って損得を得させて、1歩ごとにすべて慎重に歩きます。愛を探しにくいのは、心の中にすでに設定されている愛情の形が幸せを探す足取りを妨げているからです。

ふたご座:

強情といえば、ふたご座は絶対に「鉄の粉」です。他人の意見を聞くのが好きではないです。たとえ一人で認めていなくても、最後までぶつかっても、南の壁にぶつかっても、必ず振り向くとは限らないです。

石より硬い性格ですが、認定された配偶者の条件は変わりますか?答えは決まっているに違いない。いつもすべての人の中に、お互いに似合う人がいると信じています。結婚を何回催促されても、依然として心の中の愛情の形に固執しています。

愛情カテゴリの最新記事