12星座の女性の愛情に対する偏見は何ですか?

12星座の女性の愛情に対する偏見は何ですか?

牡羊座

愛情偏見:愛は今です。永遠とは言わないでください。
第一感覚を大切にしている白羊女にとって、恋は一目惚れのロマンスがあるべきです。二人が一緒にいると一番綺麗な火花がぶつかります。結果はどうなりますか?このような偏見は白羊女が別れる時、苦しさがあっても言えないで、あか抜けているふりをします。

おうし座

恋愛偏見:結婚して家を買わないと、ごろつきになります。
金牛女はBMWの中でむしろ泣いてもいいのではないです。結婚するなら家があるべきだと思います。もし男性の家が買わないなら、それはごろつき遊びの愛情です。男の人が努力したいなら、家はいつもありますが、これを逃して、当分は家を買えない心のある人は一生の残念かもしれません。

ふたご座

愛情偏見:愛情は百病を治療することができます。
二人の子供の愛情に対する偏見は、実は愛情の魔力を想像するのがあまりにも不思議です。相手が自分を愛すれば、あらゆる生活問題を解決できると思っています。相手がすべての問題を解決できない時、それは自分に合う愛情ではないと認定します。

かに座

愛情偏見:年上の男は人の面倒を見ることができる。
爱情の暖かさに対して极めて强い依存感を持っています。蟹女の爱情に対する偏见は年取った男性だけが人の世话をすることができると思っています。

しし座

愛情の偏見:女は生まれつきかわいがられます。
獅子女の愛情に対する態度は受動的なものではなく、ただ愛情に対する偏見があり、女は生まれつき愛されるべきだと思っています。だから、男の人は自分を限りなくかわいがるべきです。

おとめ座

愛情偏見:愛は私のためにすべてを変えるべきです。
完璧な追求によって処女の女性は愛情に対してあまりにも完璧な偏見を持っています。本当に自分を愛する人であれば、完璧な恋人になるべきだと思います。
てんびん座

愛情偏見:一番いいのは次のことです。
天秤の女性は愛情に対して多すぎる不確定さを持っています。これもいいと思いますが、次が一番いいと思います。このような愛の偏見に駆られて、愛の回数がますます多くなります。

さそり座

愛情の偏見:婚姻は愛情の墓です。
日のサソリの女性の思った愛情、多すぎる身の外の事を考慮する必要はなくて、ただ単純な恋愛の時やっと最も美しいことができて、婚姻の殿堂に入りたくなくて、婚姻が愛情の墓だと思っています。

射手座

愛情偏見:愛情とは歩いて行く旅行のことです。
自由自在になれる射手女にとって、愛は歩くという旅であるべきです。だから、出現したい時に現れます。離れたい時に離れます。相手は永遠にその場所にいると思っていますが、最後に行けば行くほど遠くなります。二人は元の場所に戻れなくなります。

山羊座

愛情偏見:男はみんないいものではないです。
独立性が非常に強い山羊座の女性は、自分の事業があり、自分の理想があり、自分の努力で自分のほしいものが手に入ると信じています。だから一回の恋の傷を受けたことがあるのでさえすれば、愛情に対して偏見を生んで、男の人がすべて良いものではないと認定して、これによって真実の愛の到来を遮断しました。

水瓶座

愛情偏見:愛は私の考えを知るべきです。
暗黙の了解に対して非常に気になる水瓶女は、縁を信じて、愛情に対して偏見を持っています。本当に自分を愛する人は自分の心の中のすべての考えを知っているべきだと思います。相手が自分の要求を理解していない時、相手の本心を簡単に否決します。

うお座

愛情偏見:愛し合えばすべてを持つことができます。
双鱼女の爱情は梦が美しくて、爱さえあれば、パンがあると信じています。これによって、爱情に対する偏见も生まれます。これは世俗の観念ではありません。これは現実です。理性的に現実に直面してこそ、愛情は期待通りに発展します。

愛情カテゴリの最新記事